2019年4月21日(日)

トヨタ創業者の豊田喜一郎氏、米自動車殿堂入り

2018/7/20 14:38
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車は20日、創業者の豊田喜一郎氏(故人)が自動車産業の発展に貢献した人物をたたえる米国自動車殿堂(ミシガン州)入りしたと発表した。日本人ではホンダ創業者の本田宗一郎氏らが名を連ねている。トヨタでは1994年に豊田英二氏(故人)、2007年に現名誉会長の豊田章一郎氏に次いで、3人目となる。

米国自動車殿堂入りしたトヨタ自動車創業者の豊田喜一郎氏の写真

19日に米デトロイト市で授賞式が開かれ、米国自動車殿堂のラムジー・ハーミス会長は「歴史上の限られた人しか持ち合わせていない先見性とイノベーションを具現化した人物」とコメントした。

喜一郎氏は1933年に自動織機メーカー内に自動車部を設け、乗用車やトラックの開発と製造に乗りだし、37年にトヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)を設立した。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報