マイクロソフトに迫る2020年問題
主要ソフトサポート終了で顧客争奪激化

2018/7/20 14:07
保存
共有
印刷
その他

【シリコンバレー=白石武志】米マイクロソフトにクラウド普及の追い風が吹いている。19日発表した2018年6月期決算は、売上高が通年ベースで初めて1000億ドル(約11兆2000億円)の大台を突破した。次のハードルは2年後の2020年。屋台骨だった3つの主要ソフトウエアのサポートが終わる予定で、他社が顧客を奪う好機とみて攻勢をかける可能性もある。クラウドへの移行をめぐるライバルとの攻防が熱を帯びる…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]