2018年8月22日(水)

中ロ、北への石油精製品禁輸に異議 安保理で米に反論

北朝鮮
朝鮮半島
北米
2018/7/20 6:40
保存
共有
印刷
その他

 【ニューヨーク=高橋里奈】米国が国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会に要請していた石油精製品の禁輸に対して中国とロシアが異議を申し立てたことが19日、分かった。米国は北朝鮮が洋上で積み荷を移し替える「瀬取り」で石油精製品を違法に輸入し年間上限を超えたと指摘。国連加盟国に供給中止を要請すべきだと制裁委に求めているが、ロシアは「追加情報を求める」とし、中国とともに禁輸に対して6カ月間の猶予を要求した。

 米国は制裁委に対して北朝鮮が瀬取りで今年に入って少なくとも89回、石油精製品を輸入したと指摘する文書を提出している。昨年末の安保理制裁決議で北朝鮮への石油精製品の供給上限は50万バレルとなったが、既に上限を超えたために加盟国に通知を出すべきだと訴えた。

 これに北朝鮮を擁護する中ロは反発、「違法な手段」についての詳細な情報を提供すべきだと主張した。

 トランプ米政権は中国やロシアの企業が北朝鮮に密輸しているとみており、北朝鮮への制裁を巡って溝を深めている。20日にはポンペオ米国務長官が安保理で北朝鮮との非核化交渉について説明する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報