/

橋本忍さんが死去 脚本家、黒沢監督の「羅生門」など

(更新)

戦後の日本映画を代表する脚本家で黒沢明監督の「羅生門」「生きる」などを手掛けた橋本忍(はしもと・しのぶ)さんが7月19日午前9時26分、気管支拡張症による肺炎のため東京都世田谷区の自宅で死去した。100歳だった。お別れの会を行うが日取りなどは未定。喪主は長女で脚本家の綾さん。

兵庫県出身。結核療養中の傷痍(しょうい)軍人岡山療養所で脚本家を志し、監督・脚本家の伊丹万作に師事。黒沢監督の目にとまり、1950年公開の「羅生門」で脚本家デビュー。「生きる」「七人の侍」など黒沢作品に脚本家として参加する。

映画製作会社の橋本プロダクションを設立し、「砂の器」「八甲田山」を送り出し、大ヒットさせた。テレビドラマ「私は貝になりたい」の脚本も手がけ、後に映画化もされた。ほかの映画脚本に「真昼の暗黒」「張込み」「切腹」「白い巨塔」「日本のいちばん長い日」「八つ墓村」など。

論理的、倫理的に精緻なシナリオの構築力で脚本家という職業を一般にも認知させた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン