VW、ポルシェ家の影響力強く 労組や州政府も健在
ビッグBiz解剖・フォルクスワーゲン(下)

2018/7/19 21:06
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

6月上旬、チェコのプラハから北へ車で約1時間半、ヴラティスラヴィツェという町にある小さな家屋に独フォルクスワーゲン(VW)グループの大株主であるポルシェ家とピエヒ家が集まった。「ビートル」開発者でスポーツ車メーカー、独ポルシェAGの創業者でもあるフェルディナント・ポルシェ博士の生家だ。

両家は、持ち株会社であるポルシェSEの議決権の100%を持つ。同社がVWの52.2%を握っており、VWを実質支…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]