2019年6月17日(月)

山形・庄内町、ふるさと納税にポイント制、集めて特産品

2018/7/19 22:00
保存
共有
印刷
その他

山形県庄内町はふるさと納税でポイント制度を始めた。寄付者に1000円につき1ポイントを付与し集めたポイントに応じて特産品を贈る。同町は総務省の過度な返礼品の自粛要請後も寄付額の5割に達する返礼を続け、2017年度は寄付額が急増した。6月から返礼割合を3割に下げたが、独自のポイントで寄付を継続してもらう。

「おいしい庄内町応援ポイント」は2年間有効で、寄付者はためたポイントに応じて特産品を受け取る。受け取れる特産品は50ポイントで720ミリリットルの日本酒2本セット、200ポイントで庄内産はえぬき20キログラム、300ポイントで月山ワイン6本セットなど。

特産品を合わせると返礼割合が3割以上になるケースもありそうだが、返礼品を受け取らない人もいるため、全体で3割になるよう設定しているという。また、寄付した人にその後も寄付を継続するよう促すことは「寄付者とのつながりを強めるという総務省の趣旨にも沿う」(同町)としている。

総務省は昨年4月、返礼割合を3割以下にするよう求めるといった通知を出した。ただ、見直さない自治体では寄付額が急増し、庄内町も17年度は前年度比79%増の11億円近くを集めた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報