/

この記事は会員限定です

沖縄発「ポスト安室」はアジアを目指す

九州沖縄 in Asia ようこそお隣さん(3)

[有料会員限定]

ビートの効いたダンス音楽にハイトーンの声が絡むと、韓国などからの観光客を交えた聴衆が「おおっ」と沸き立った。米人気女性歌手のアリアナ・グランデなど、カバーする曲は全て英語だ。

生みの親「最後のプロジェクト」

歌うのは17~18歳の女性4人組「プレシャスJ」。9月の引退を表明した人気歌手、安室奈美恵さんの育ての親として知られる沖縄アクターズスクール(沖縄県北谷町)代表のマキノ正幸氏(77)が「日本か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2240文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン