竹下派「次の次」にらむ 自民総裁選、沈黙続ける

2018/7/19 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自民党総裁選で第3派閥の竹下派の動きに注目が集まる。将来は自前の総理総裁を誕生させたい竹下亘会長にとって、総裁選の対応は今後の派閥の趨勢に直結する。「次」、そして「次の次」の総裁選をにらみ、慎重に勝負どころを見極めている。

「大将が出ないなら望月さんが出ればいい」。17日夜に都内で開いた自民党各派閥の事務総長会議。岸田派の望月義夫氏にこんなからかいの声が飛んだ。総裁選への出馬を決めかねている岸田…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]