/

この記事は会員限定です

ミャンマー小売り最大手、野菜工場参入 食の安心需要

[有料会員限定]

【ヤンゴン=新田裕一】ミャンマーでスーパーマーケットを展開するシティマート・ホールディングスは、屋内でレタスなどを育てる野菜工場を現地で買収する。工場で作るサラダパックの人気が高まっており、自社生産に乗り出す。買収後の追加投資で生産量を約3倍に増やす計画だ。農薬を使わない安全な食材として健康志向が高まる中間層に売り込む。

シティマート系列の卸売会社が、日系投資会社トラスト・ベンチャー・パートナー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り382文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン