/

この記事は会員限定です

プランツラボラトリー、福島でイチゴ栽培工場

[有料会員限定]

植物工場開発のプランツラボラトリー(東京・港)は、福島県で大粒イチゴ工場の実証実験を始めた。東京大学と共同開発した植物工場のシステムを使い、降雪地帯向けに改良。温度・湿度や肥料の量などを管理し農業のノウハウがない人も低コストで参入できるという。年内の出荷を目指す。東日本大震災による原発事故の風評被害払拭の一助にしたい考えだ。

同社の植物工場「プットファーム」は太陽光を跳ね返す特殊な金属膜で植物工場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り306文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン