/

この記事は会員限定です

ウナギ高騰、商戦直撃 小売り各社、工夫あれこれ

[有料会員限定]

20日は今夏1回目の「土用の丑(うし)の日」。精力のつくウナギを食べて記録的な猛暑を乗り切りたいところだが、稚魚の不漁で国産ウナギは高騰中だ。小売店は代用食材や、見た目にこだわる売り方の工夫で商戦に臨む。

博多阪急(福岡市)はウナギのせいろ蒸しなどの従来の主力商品に加え、煮穴子をセットにした「国産うなぎと穴子重」(1280円)を今夏新たに販売。「手ごろな価格でも食べ応えあるボリューム」という。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り253文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン