2019年3月26日(火)

イラン産原油、10月にもゼロへ 石油連盟会長会見

2018/7/19 17:06
保存
共有
印刷
その他

対イラン制裁の再開で米国が日本にイラン産原油の輸入停止を求めている問題で、石油連盟の月岡隆会長(出光興産会長)は19日、石油業界が輸入停止に向けて調整していることを明らかにした。三菱UFJ銀行などの金融機関が取引停止の可能性を通知していることが要因と指摘。10月中にもイラン産原油の輸入量がゼロになる見通しを示した。

石連の定例会見で、月岡会長は日本がイラン産原油の調達を継続した場合に米国が科す制裁の適用が除外されなければ、イラン産原油の輸入が「一時的に困難になる」と語った。

イランとの原油取引は企業が支払い不能に陥った場合に銀行が肩代わりする契約などを結んでいる。月岡会長は「銀行と取引が停止になれば、原油を調達することが難しくなる」と強調した。

原油の決済は日本到着から約1カ月後に代金を支払うのが商慣習だ。11月4日にイラン制裁が再開される前に余裕を持って決済するためには、9月中にイランで原油をタンカーに積む必要があると指摘。10月にも輸入量がゼロになる見通しを示した。

日本政府は米国に制裁の適用除外を求めているが、「交渉は難しい」(経済産業省幹部)のが現状だ。月岡会長は一時的に輸入停止になっても「(イランとは)良好な関係を続けて、輸入を再開できるように求めていく」と語った。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報