2019年9月16日(月)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,988.29 +228.68
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
21,800 +170

[PR]

投資番付

フォローする

先進国債券型の分配金健全度 元本取り崩し目立つ
投信番付

2018/7/19 14:19
保存
共有
印刷
その他

毎月分配型の投資信託で、過去1年で分配金を減額した本数を調べたところ、先進国の債券で運用する商品が最多だった。米金利上昇や円高・米ドル安の影響で2018年に入って基準価格を大きく下げたのが一因だ。

このうち、純資産残高が上位10位までの先進国債券型ファンドについて、過去1年間に受け取った分配金が、どれだけ運用益から支払われたかを表す「分配金健全度」を調べた。

健全度が約67%と最も高かったのは「ダイワ・グローバル債券ファンド」。1万口あたり分配金は10円だった。分配金には収益に基づく「普通分配金」と元本の一部を支払う「元本払戻金(特別分配金)」の2種類がある。普通分配金の比率が高いほど、健全性が高いとされる。

10商品とも元本の一部を取り崩して分配金を支払っており、過去1年の健全度は100%を割りこんだ。ただ、いずれも過去3年間で分配金を減額しており、分配金の健全度は3年前と比べると大半が上昇した。

(QUICK資産運用研究所 望月瑞希)

投資番付をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。