米車関税に異論噴出、米メーカーもコスト増懸念

2018/7/19 14:01 (2018/7/19 22:29更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=鳳山太成、シリコンバレー=白石武志】トランプ米政権が検討する自動車の追加関税に異論が噴出している。米商務省は19日、国内外の企業や業界団体、外国政府の代表を招き公聴会を開催した。18日までに提出した準備書面で、日本などの自動車メーカー各社が反対を表明したほか、味方のはずの米企業からも懸念の声があがる。トランプ大統領が反対論を押し切って強硬措置に踏み切るとの見方もくすぶる。

「関税を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]