2019年3月20日(水)

「圧力にあたらず」野田総務相 金融庁への説明要求で

2018/7/19 12:30
保存
共有
印刷
その他

野田聖子総務相の事務所が1月、仮想通貨をめぐって金融庁が調査していた企画会社の関係者を同席させ、金融庁に説明を求めたと朝日新聞が報じた問題で、野田氏は19日「会社から相談を受け、秘書が面会したことは事実だ」と明らかにした。「法制度の一般的な説明を受けた。利害関係もなく行政調査への圧力にはあたらない。全く問題ない」と述べた。

総務省内で記者団に答えた。面会は秘書が知り合いの会社関係者から相談され金融庁と調整し、野田氏は同席しなかった。面会の報告の有無は「記憶が定かでないが、私に相談しなくてもよい一般的な事案だと受け止めている」とした。企画会社が面会前に金融庁から無登録による資金決済法違反の疑いがあるとの通告を受けていたことは野田氏も秘書も把握していなかったという。自身の責任については「ご心配をおかけした。今後はより慎重に対応する」と述べるにとどめた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報