2019年8月22日(木)

長野知事選、2氏届け出

2018/7/19 11:00
保存
共有
印刷
その他

任期満了に伴う長野県知事選が19日告示され、いずれも無所属で、3選を目指す現職阿部守一氏(57)=自民、立民、国民、公明、社民推薦=と、元上田市議の新人金井忠一氏(68)=共産推薦=が届け出た。投開票は来月5日。阿部氏の2期8年にわたる県政運営への評価が主な争点だ。

阿部氏は「持続可能な共生社会」を掲げ、本年度開始の県総合5カ年計画の着実な実行を公約。全産業での生産性向上を図るとし、地域経済活性化を訴える。

金井氏は県政転換を目指し、大型開発見直しや教育無償化を主張。憲法9条擁護を唱え、安倍政権批判票の獲得を狙う。

◇立候補者(届け出順)

阿部 守一57 知事    無現

金井 忠一68 元上田市議 無新

   〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。