/

統合失調症などの精神疾患、神経細胞の動きに異常 名大など確認

名古屋大学の尾崎紀夫教授や慶応大学の岡野栄之教授らは統合失調症などの精神疾患で、ある神経細胞の動きに異常があることを突き止めた。患者から作ったiPS細胞などで、病態を再現して確認した。病気の新しい治療法につながると期待される。

対象となるのは、統合失調症や自閉スペクトラム症などの精神疾患。患者はドーパミンを放出する神経細胞の動きに関わる遺伝子に変異があることが分かっていたが、どのような経緯で発症するのかが分かっていなかった。

チームは統合失調症の患者から作ったiPS細胞で神経細胞を作って再現した。通常はすべての細胞が同じ方向に動いて神経として正常な構造をつくるが、患者の場合はさまざまな方向に動いて正しい構造ができないことが分かった。正常な細胞をゲノム編集で遺伝子改変すると、患者の細胞と同じような構造になった。

神経細胞の動きを正常に戻すことができれば、新たな治療法になる可能性がある。今後、治療薬の開発を目指す。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン