2018年11月17日(土)

ゴムを使わない「第4世代パンツ」、グンゼが発売

2018/7/19 11:00
保存
共有
印刷
その他

グンゼは19日、ゴムを使わない男性下着のパンツを開発したと発表した。伸縮性のある生地全体で体を包み込み、従来の男性パンツと違ってゴムによるウエストの締め付けをなくした。グンゼは着心地の良さを売りに、ゴムを使わないパンツをブリーフやトランクス、ボクサーパンツに続く「第4世代のパンツ」として普及を目指す。

同日付で「エアーズ」ブランドとして発売する。同社が特許を持つ技術でレイヨンと特殊なポリウレタンを組み合わせ、縦と横に伸縮性を持つ生地を用いた。通常のパンツはゴムのラインがウエストを締め付けるが、新製品は伸縮性のある生地が面全体で体を包み込むため、ゴムがなくてもずり落ちない。

生地の端も縫い合わせずに切りっぱなしにしており、細身のズボンをはいてもラインが目立たないという。

ゴムによる締め付けをなくしたグンゼの「エアーズ」

ゴムによる締め付けをなくしたグンゼの「エアーズ」

10年後に50億円

価格は税別1500円で、無地の5色のほか柄物も用意する。1000~1300円のボクサーパンツに比べると割高だが、着心地の良さでアピールする。初年度に3億円、10年後に50億円規模の売り上げを目指す。

女性用下着では「ユニクロ」のファーストリテイリングが開発した「ブラトップ」が2008年の本格発売以降、人気を集めている。肌着にブラジャーの要素を取り入れて締め付け感をなくしたのが要因とされ、グンゼもここに着目。「男性でも解放感を求めている人は多い」(グンゼの山本健二メンズ&キッズMD部長)といい、男性用パンツの開発を進めていた。

7年前から開発着手

グンゼはかつて1998年に「ボディワイルド」ブランドでボクサーパンツを発売した。グンゼによると、日本で男性がはく下着の40%がボクサーパンツで、トランクスと並び最もはかれている。男性用パンツに革新をもたらすエアーズを第4世代の製品に育て上げることができるか、注目されそうだ。

グンゼが今回の新商品開発を始めたのはおよそ7年前。ゴムのない女性用下着は販売されているが、男性用パンツは股間に立体感がある関係で、ゴム無しではずり落ちてしまう。この難点を解消するために、試行錯誤したという。同社の開発担当者が50枚以上の試作品を自分で着用したり、社員や取引先のバイヤーなどのべ300人のテストを踏まえたりして、今回の発売に至ったとしている。(大阪経済部 斎藤毬子)

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報