/

イナリサーチ、がん細胞マウスに移植し非臨床試験

イナリサーチは18日、ヒトのがん細胞を移植したマウスを使用し、新たな非臨床試験を始めると発表した。製薬会社や研究機関から、抗がん剤の効用や遺伝子異常の試験を受け付ける。同社によると、日本国内でマウスにがん細胞を移植し非臨床試験として使用するのは初めて。

遺伝子研究のDNAリンク(韓国・ソウル)と、実験動物生産の日本エスエルシー(浜松市)と共同で実施する。

DNAリンクが日本エスエルシーにアジア人のがん細胞を提供し、日本エスエルシーがマウスにがん細胞を移す。イナリサーチがマウスを使い、製薬会社から非臨床試験を受け付け、非臨床試験のモデルを広める。

ヒトの生体内に近い環境で試験をすることによって、従来の生体外での試験では得られなかった抗がん剤の効用や遺伝子異常のデータを集めることができる。

イナリサーチは動物を使った非臨床試験を主力としている。先端医療分野では、移植の拒絶反応が少ないサルを使用した再生医療の研究を京都大学などと実施している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン