2019年9月21日(土)

HIS「変なホテル」赤坂にも、IoTルーム導入

2018/7/18 20:38
保存
共有
印刷
その他

エイチ・アイ・エス(HIS)は18日、港区赤坂でロボットが受付などをするホテル「変なホテル東京 赤坂」を報道陣に公開した。同ホテルの8拠点目で、20日に開業する。あらゆるものがネットにつながる「IoT」技術を使い、タブレット端末で照明やテレビ、空調などの操作を一元的にできる客室を備えた。

「変なホテル東京 赤坂」では2体の人型ロボットが受け付けをする(東京・港、18日)

タブレット端末やAIスピーカーで照明や空調の操作ができる(東京・港、18日)

HIS子会社のHISホテルホールディングス(東京・新宿)が運営する。アプリ開発のアンドファクトリー(東京・目黒)と連携して「スマートIoTルーム」を13室導入した。IoT技術を使って客室の照明やテレビ、空調、アロマディフューザーをタブレット端末やAI(人工知能)スピーカーで操作できる。このほか布団を快適な温度に保つ機械や、衣類のしわやホコリを取れるクリーニングマシンを置いた部屋もある。滞在中に使える無料スマートフォンは全室に備えている。

都内では変なホテルの5拠点目。11階建てで客室数は116室。東京メトロ銀座線の溜池山王駅から徒歩4分。宿泊料金は13平方メートルのセミダブルルームで1室1万1500円~。受付には「変なホテル」ならではの2体の人型ロボットと、宿泊者と会話ができるAIロボットを導入している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。