/

この記事は会員限定です

廃プラ日本滞留、中国輸入停止で 再利用策急務に

[有料会員限定]

中国が1月から廃プラスチックの輸入を停止し、日本で影響が広がっている。廃プラの輸出業者は破綻に追い込まれ、キヤノンなど企業は有価物としての売り先の見直しを迫られた。廃プラはうまく使えば資源だが、中国が飲み込んでいた分量をすべて再生利用する能力は日本になく、今は埋め立てや焼却に回すしかない。

中国の習近平政権は2017年7月、世界貿易機関(WTO)にプラスチックや紙などの輸入を一部停止すると伝え、18年に入...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り962文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン