2018年9月19日(水)

人事AI広がる パワハラ・セクハラ上司を検知
人事にAI活用(下)

スタートアップ
ネット・IT
コラム(テクノロジー)
AI
(1/2ページ)
2018/8/3 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 人事分野における人工知能(AI)活用が広がっている。目的は社員の離職防止と意欲向上だ。パワーハラスメント(パワハラ)やセクシャルハラスメント(セクハラ)の事前検知が社員の離職防止に役立つ。

■離職社員のデータ収集を自動化

 離職リスクの高い社員を抽出するほか、その社員に関するデータをすぐに見られるようにする──。ワークスアプリケーションズは2018年後半以降、こうした機能を提供する計画だ。

 同社が提…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報