2018年9月26日(水)

剛腕の興行師にして繊細な芸術家 浅利慶太さん死去

2018/7/18 16:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 浅利慶太さんには、ふたつの顔があった。

 政財界に幅広い人脈をもち、日本で初めてロングラン・システムを実現させた剛腕の興行師。詩劇を愛し、美しい日本語で「人生は生きるに値するもの」と訴え続けたナイーブな芸術家。その両面がひとつになって演出家、浅利慶太さんを形づくっていた。

 慶大と東大の学生を集め劇団四季を創設し、アヌイ、ジロドゥの哲学的なフランス演劇から出発したが、いかんせん食えない。テレビや映画…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報