/

参院定数6増法成立 来夏参院選から比例代表に特定枠

参院定数を6増やす改正公職選挙法が18日の衆院本会議で自民、公明両党の賛成多数で可決、成立した。埼玉選挙区の定数を6から8に増やし、比例代表を96から100にする。総定数は242から248となる。比例代表には拘束名簿式の「特定枠」を新設する。定数増を伴う法改正に異論は強く、野党がそろって反対したほか、与党からも採決の棄権者が出た。

改正公選法は自民党の議員立法で、来年夏の参院選から適用する。参院の議員定数が増えたのは沖縄の本土復帰に向けて沖縄選挙区を設けた1970年以来になる。埼玉選挙区の定数増で、選挙区の「1票の格差」は3倍未満に抑えられる見通し。

比例代表の特定枠は、政党が決めた順位に従って当選者が決まる拘束名簿式を一部に導入できるようにしたものだ。自民党は特定枠の新設で、隣接県を1つの選挙区にした「合区」の対象県から出馬できない候補者を救済する。18日の衆院本会議では自民党の船田元・元経済企画庁長官が採決を棄権した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン