2019年3月20日(水)

岐阜・美濃市で40.1度 熱中症の搬送1週間で9956人

2018/7/18 13:09 (2018/7/18 14:53更新)
保存
共有
印刷
その他

日本列島は18日も高気圧に覆われ、東北南部から東日本、西日本にかけての広い範囲で気温が上がった。気象庁によると、岐阜県多治見市で午後1時半ごろに40.0度、同県美濃市で午後2時ごろに40.1度を記録した。国内で40度に達するのは高知県四万十市で41.0度などを記録した2013年8月以来。

41度を表示するJR多治見駅前の温度計(18日、岐阜県多治見市)

41度を表示するJR多治見駅前の温度計(18日、岐阜県多治見市)

気象庁は各地に高温注意情報を出し、水分や塩分の補給、室温の適切な管理など熱中症を防ぐために十分な対策を講じるよう呼び掛けている。

総務省消防庁は18日、9~15日の1週間に熱中症のため全国の9956人が搬送されたとの速報値を発表。西日本豪雨で被災した岡山や広島を含む11府県で計12人が死亡した。

また、東京消防庁は18日、前日17日の救急隊の出動件数が速報値で2900件に達し、1日の件数としては救急業務を始めた1936年以降で最多になったと発表。熱中症の疑いによる搬送者が増えたためとみられる。

猛暑日の強い日差しの下、日傘をさして歩く人たち(18日午後、東京都中央区)

猛暑日の強い日差しの下、日傘をさして歩く人たち(18日午後、東京都中央区)

気象庁によると、他に気温が高くなっているのは埼玉県寄居町の38.1度、名古屋市千種区の37.8度、群馬県伊勢崎市の37.7度、大阪府能勢町の36.0度など。西日本豪雨で大きな被害を受けた地域では愛媛県大洲市で35.9度、岡山県倉敷市で33.9度、広島県東広島市で33.4度などとなっている。

正午現在で全国927観測点のうち603地点が30度以上となり、このうち107地点が35度以上の猛暑日になった。

各地の予想最高気温は岐阜市39度、前橋、甲府、名古屋、京都の各市が38度、さいたま、大津、大阪、奈良、岡山の各市が37度などとなっている。

気温上昇に伴い、関東甲信、東海、近畿、中国では光化学スモッグへの警戒も必要になる。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報