2018年12月19日(水)

レゴランド、19日から値下げ 閑散期の子ども1日券3割引

2018/7/18 11:21
保存
共有
印刷
その他

テーマパーク「レゴランド・ジャパン」(名古屋市)の運営会社は18日、基本料金を一部値下げすると発表した。夏休みや年末年始などの繁忙期(年約120日)と、平日中心の閑散期(年約160日)に分け、子ども1日券(3~12歳)は繁忙期が従来価格から15%引きの4500円、閑散期は30%引きの3700円とした。年内は休園日も設定しない。

新料金では、閑散期の大人1日券は3割引きの5000円とした。繁忙期の価格は据え置いた。運営会社は「子どもを優先して値下げした。『レゴランドは全体的に高い』というお客様の声に応えた」としている。

新たな年間パスポートも導入した。閑散期、繁忙期の組み合わせにより3種類あり、平日を中心とした閑散期(年約160日)のスターターパスは大人9900円、子ども6500円。お盆やお正月など、最も混雑する時期を除いた年間約280日間入場できるスタンダードパスは大人1万6400円、子ども1万700円。併設の水族館にも入れる。

いつでも入場できるプレミアムパスは大人2万1900円、子どもは1万6900円としている。併設の水族館に加え、東京や大阪にある娯楽施設「レゴランド・ディスカバリー・センター」の入場も可能になっている。これまでの年間パスポートは大人1万7300円、子ども1万3300円だった。

夏休みの繁忙期を前に新料金を導入し、担当者は「より多くの方に入場いただきたい」としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報