2018年9月20日(木)

スー・チー氏が民族和平に託す「改憲」の深謀
アジア・エディター 高橋徹

Asia Analysis
東南アジア
2018/7/19 5:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 各民族が自らの意思で運命を決める「民族自決」は、1950年の国連総会で認められた基本的人権のひとつである。現実は簡単ではない。スペインのカタルーニャ州やトルコのクルド人勢力、中国のチベット問題などの例を挙げるまでもなく、独立や自治を求める民族と国家のあつれきは枚挙にいとまがない。

 「アジア最後のフロンティア」といわれるミャンマーも同様だ。70万人が難民化したイスラム系ロヒンギャを巡る宗教問題だけ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報