/

四日市のPR、「仕事人」に託す 市が映像公開

大ヒット時代劇「必殺シリーズ」で人気を博した俳優の京本政樹さんを起用した三重県四日市市のPR映像が完成し、18日から市のホームページ上で公開された。

「必見 四日市」と題した約3分半の本編は必殺シリーズをモチーフにした時代劇風のストーリー展開。粋な着流し姿の京本さんが、市のマスコットキャラクター「こにゅうどうくん」や町娘と一緒に、市立のプラネタリウムやコンビナート夜景などの観光スポットを紹介する。

ダイジェスト版を東京の渋谷や池袋の街頭ビジョンで上映。名古屋市の映画館でCM版を流すなど、若い世代に魅力を売り込む。今回の事業費は500万円。市から「仕事」を託された大阪府出身の京本さんたちの活躍はいかに!?

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン