2018年11月20日(火)

AIが人を格付け、与信審査で普及

データの世紀
2018/7/18 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人工知能(AI)が様々な個人データを分析し、人を「格付け」するスコアリングの技術が急速に発展する。とりわけ金融の与信審査などで世界中に広がっている。

代表的なのが中国の電子商取引大手、アリババ集団の「芝麻(ゴマ)信用」だ。個人情報の公開や交友関係、返済能力、信用力、行動特性の5つの視点でAIが個人データを分析。信用度を350点から950点の範囲で格付けする。

高スコアだと低利で多額のお金を借りら…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報