クボタ、堺で大型エンジン量産 農機・建機用

2018/7/17 19:28
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

クボタは200馬力級の産業用大型ディーゼルエンジンを堺製造所(堺市)で2020年から量産する。44億円を投じ、塗装や組み立てなど生産設備を導入する。従来より排気量あたりの出力を5割改善してコンパクトにし、燃費性能を大幅に高めた。国内外で外販するほか、将来は自社の大型農機にも使う。クボタは中小型エンジンでは世界首位だが大型は後れを取る。低燃費を売りに新たな収益源に育てる。

クボタの産業用エンジンの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]