2018年9月21日(金)

トレードデスク、広告出稿にAI機能

ネット・IT
AI
2018/7/17 18:43
保存
共有
印刷
その他

 インターネット広告配信の米トレードデスクは、AI(人工知能)を使って広告効果の高い媒体などを予測し購入できる新サービスの提供を始めた。ネット上での検索や更新情報を毎秒900万件集め、広告主に最適なターゲットや広告枠を提示する。パソコンやスマートフォン(スマホ)など複数の機器でのユーザー行動を分析して精度を高める。

トレードデスクはAIを使った広告の予測・購入システム「Next Wave(ネクストウェーブ)」を提供開始した

 トレードデスクは2009年設立。欧米やアジア23カ国に展開し、17年度の売上高は前年比52%増の3億ドル(約330億円)だった。日本法人は14年に設立し、電通のデジタル事業部門でシニア・マネジャーを務めた新谷哲也が代表に就いている。3年後をめどに現在14人の社員を数倍に増やし、日本での事業拡大を目指す。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報