新名称、投票募り決定へ 「キリンラーメン」変更

2018/7/17 18:14
保存
共有
印刷
その他

小笠原製粉(愛知県碧南市)は17日、看板商品のご当地即席麺「キリンラーメン」の新名称について一般から投票を募り始めた。名称を変える理由は「諸般の事情」としている。同社は飲料大手「キリン」と商標権を巡って東京地裁で係争中だ。

新名称候補は碧南市の名前を全国に発信する「ヘキナン」、親しみやすいイメージを持たせた「キリマル」、会社の名前を冠した「オガサワラ」。新名称を5~6月に公募したところ、1万753通の応募があり、3つに絞り込んだ。

投票は今月31日までで、同社のホームページを通じて1つを選んでもらう。8月1日に結果を発表する。投票結果や販売先の意見などを加味して新名称を決める。

同社は1965年にキリンラーメンを発売した。当初は愛知県の西三河地方が販売の中心だったが、2010年から全国展開している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]