/

この記事は会員限定です

子供の居場所確保を 休校続く倉敷・真備町、教室や塾開放

[有料会員限定]

西日本を襲った記録的豪雨で、甚大な浸水被害を受けた岡山県倉敷市真備町地区では小中学校や幼稚園の休校園が続き、子供たちの居場所作りが急務となっている。学校や学習塾の一室を学習ルームとして開放し、非政府組織(NGO)は遊び場を提供するイベントを開催。保護者からは被災家屋の片付けに専念するためにも子供を預けたいとの声が上がっている。

17日午前、倉敷市真備町地区の市立岡田小の学習ルームに約30人の児童が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り882文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン