大分でアリペイ拡大 ジャクール、導入無料で小規模店も

2018/7/17 17:28
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

QRコードを使った多言語翻訳サービスのジャクール(東京・港、後藤玄利社長)は、大分県内の主要観光地で中国のスマートフォン(スマホ)決済サービス「支付宝(アリペイ)」の導入を本格化する。店側は店頭にQRコードを印刷したパネルを設置するだけでコストがかからず、小規模店でも導入しやすい。急増する訪日中国人の利便性を高めて、地域での消費につなげる。

同社が普及に力を入れるのは、店頭に設置された1種類のQ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]