/

この記事は会員限定です

個人データ移転、日欧が最終合意「安全に流通」

[有料会員限定]

日本政府と欧州連合(EU)は17日、日欧間で個人情報を相互に移転する枠組みを作ることで最終合意した。同日に署名式を開いた日欧経済連携協定(EPA)で日欧間のビジネスが活発になることに備え、日欧企業が従業員や顧客の情報を安全に移転させられる枠組みを作る。

今秋までに双方が国内手続きを終え、枠組みを発効させる。17日午後に個人情報保護委員会の熊沢春陽委員と、欧州委員会のヨウロバー委員が電話し、最終合意...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り315文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン