2019年4月25日(木)

手軽に温度・日照管理 西松建設、農業用システム実証実験

2018/7/17 17:06
保存
共有
印刷
その他

西松建設は17日、農作業向けに遠隔で温度や日照を管理できるシステムを開発し、実証実験を始めたと発表した。低消費電力で低価格の無線通信技術を採用しているのが特徴。自宅にいながら温度や日照を把握できるほか、データに基づいた最適な収穫時期がわかるようになる。農家の勘や経験が可視化され、農作業の効率化につながりそうだ。

西松建設が開発した農業向け温度・日照管理システム

開発したシステムは通信モジュールや温度・日射センサーを搭載した箱形の機器を使う。計測した温度や日照時間は無線通信技術「LPWA」を使い、計測データを定期的にクラウドサーバーに送る。設定した計測値を超えた場合はメールで通知する。

LPWAの通信速度は毎秒100ビットから1メガ(メガは100万)ビットと、携帯電話の通信規格「LTE」の1000分の1程度だが、センサーが計測した数値など小さなデータを送るのには十分な速度。低電力だが、10キロメートル以上の長距離通信が可能だ。

通信による消費電力を抑えたことで、乾電池で長期間の利用が可能だ。実証実験で使う機器の場合、1年程度電池交換の必要がない。給電や通信のためのケーブルも不要で設置時の配線作業がいらず、獣害などによる断線のリスクもなくなる。

農業では人手や後継者の不足が課題だ。省力化に向けた取り組みや、所得の向上に向けた多品種化の取り組みが不可欠で、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の活用が期待されている。

積算温度や日照時間をクラウドで管理できれば、農家の勘や経験に頼っていた収穫時期をデータに基づいて判断しやすくなる。現地に行かなくてもデータを把握できるため、農作業の効率化にもつながる。

活況な建設需要も2020年の東京五輪・パラリンピックまでには一巡するとの見方から、準大手の建設会社では建設事業以外の新たな稼ぎ方を模索する取り組みが相次いでいる。西松建設も事業の多角化や新領域事業への参入を模索する。今回のシステム開発もその一環だ。システムの実証実験は北海道当別町の農家と共同で実施。農業分野での新サービスとして実用化を目指す。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報