/

カジノ誘致、名古屋市長前向き

名古屋市の河村たかし市長は17日、カジノを含む統合型リゾート(IR)について名古屋への誘致に前向きな姿勢を示した。国会で審議中のIR実施法案について河村市長は「成立すれば(誘致に)手を上げるべきだと思う」と強調。「名古屋駅から近いところは利便性が高い。世界中から人が来やすい」と述べた。

記者会見する河村たかし名古屋市長(17日、同市中区)

ただ既にビルや小売店などが密集した市中心部でIRの建設場所を確保するのは難しい。市の担当者は「情報を収集して整理しながら、今後の対応を検討したい」としている。

IRの誘致をめぐっては、北海道や大阪などで積極的に取り組む動きがあるほか、愛知県も中部国際空港島(同県常滑市)での整備を検討する方針を示している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン