2019年8月23日(金)

ボール任せ 風任せ

フォローする

クラブを振るだけがプロの仕事ではない
ゴルフジャーナリスト 地平達郎

(1/2ページ)
2018/7/19 6:30
保存
共有
印刷
その他

6年半前に74歳で亡くなった男子ゴルフの杉原輝雄さんは現役時代、その存在感の大きさからプロゴルフ界の「ドン」と呼ばれた。162センチと小柄ながら、青木功、尾崎将司、中嶋常幸ら180センチクラスの大型選手に食らいついて戦うゴルフは「マムシ」とも称された。

トーナメントの後に礼状

その杉原さんは、自分が出場したトーナメントが終わると、大会のスポンサー企業と開催コースの支配人に礼状を出していた。企業に対してはスポンサーとしてトーナメントを開いてくれたことへのお礼を、コースに対しては加えてプロゴルファーならではの感謝の気持ちが込められていた。

杉原さんは大会のスポンサー企業や開催コースへの感謝を忘れなかった

杉原さんは大会のスポンサー企業や開催コースへの感謝を忘れなかった

プロトーナメントを開催すると決まったコースは、長い時間をかけてコース整備が必要だ。天候と水の量を見計らいながら、芝の管理にいっときも気が抜けない。

同時に、それ以上にやっかいなのが大会終了後の復旧である。プロはショットの際に大きくターフをとる。飛距離は大差がないので、各ホールで同じようなところにディボット跡が集中してコースが傷む。

コースキャディーだった杉原さんは、そのことを痛いほど知っている。だから、開催コースに「ありがとうごさいました」と、「次もお願いします」と伝えていたのだ。

杉原さんは大阪府の茨木カンツリー倶楽部で育った。ある年、その茨木CCでトーナメントが開かれた。当時すでにトッププレーヤーだった。ラウンド後に、いわゆる囲み取材があり、それが終わるとクラブハウス内の食堂に上がるのが普通だが、そのときは違った。

向かった先は従業員食堂であった。一流選手になっても自分の立場は見失わない。

ロープ越しだか、ときにはギャラリーと冗談を言い合い、お客さんを楽しませたものだ。

茨木CCで杉原さんの大先輩に、プロ草創期の第一人者、宮本留吉さんがいる。1926年の第1回日本プロゴルフ選手権に優勝。29年には安田幸吉さんとともに、日本人プロとして初めて米国遠征し、ハワイアンオープンに出場した。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

ボール任せ 風任せ 一覧

フォローする
共同

 ちょうど1年後の8月1日・土曜日は、東京五輪前半の週末にあたり、日本中が熱く沸き返っていることだろう。
 ゴルフ競技は男子の3日目が行われているはずで、はたしてどんな展開になっているだろう。日本は誰が …続き (8/1)

ペブルビーチ・リンクスを舞台にした1972年の全米オープンで優勝を決め、トレビノ(右)と共に18番グリーンを後にする二クラウス=APAP

 ゲーリー・ウッドランド(35、米国)のメジャー初優勝で幕を閉じた男子ゴルフの第119回全米オープン。舞台となったペブルビーチ・リンクスは、パブリックながら全米オープン開催は今回が6回目という、世界で …続き (6/20)

5本ならバッグもすっきり

 ハーフセットのクラブでゴルフを始められた人が多いのではないだろうか。
 ゴルフ規則で使えるクラブは14本までとされており、初心者はその半分の7本で十分――ということなのだろう。
 40年ほど前、ウッドは …続き (5/9)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。