/

この記事は会員限定です

常識揺さぶった32日間 「小」が「大」のむサッカー

アナザービュー 武智幸徳

[有料会員限定]

ロシアで開かれたワールドカップ(W杯)は、サッカーにまつわる様々な常識が揺さぶられ続けた32日間だった。

優勝したフランスのデシャン監督も「このようなW杯は記憶にない」と話した。「タフでインテンシティー(プレーの強度)のある戦いの連続だった」と。背景にあるのはデータを活用した戦術の洗練だろう。論理的に組み立てやすい守備戦術からそれは先に進み、がちがちに固めた格下の装甲を、大国ですら簡単に貫けなくな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1206文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン