[FT]中国の大作映画が大コケ、アリババ娯楽部門にも打撃

2018/7/17 14:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国史上最大の予算を投じた映画の上演が公開翌週に打ち止めとなり、中国電子商取引(EC)最大手アリババ集団傘下の映画制作会社、アリババ影業集団(アリババ・ピクチャーズ)などの出資者に大打撃を与えている。

「阿修羅(Asura)」の制作費は中国国有メディアの報道によると1億1300万ドル(約127億円)。出資者によると、上演打ち切りは15日。中国の映画専門サイト「猫眼電影」によると、公開された週の週…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]