個人データ移転、日欧が最終合意 今秋にも枠組み発効

2018/7/17 13:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本政府と欧州連合(EU)は17日、日欧間で個人情報を相互に移転する枠組みを作ることで最終合意した。同日に署名式を開く日欧経済連携協定(EPA)で日欧間のビジネスが活発になるのに備え、日欧の企業が安全に従業員や顧客の情報を移転させられる枠組みを作る。

今秋までに双方が国内の手続きを終えて、枠組みを発効させる。17日午後、個人情報保護委員会の熊沢春陽委員と、欧州委員会で個人情報保護を担当するヨウロ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]