/

この記事は会員限定です

臨戦中南海、「紅いテスラ」呼ぶ王岐山氏と元気な李首相

編集委員 中沢克二

[有料会員限定]

米中貿易戦争の勃発で北京・中南海は臨戦態勢にある。中国首相、李克強(リー・クォーチャン)が久々に元気だ。一方で国家主席、習近平(シー・ジンピン)の露出度がやや落ちている。ちょっとした異変である。

その証拠もある。7月9日付人民日報の1面から習近平が一切、消えた。記事の多くが李克強と、彼が取り仕切る国務院(政府)絡みのニュースだった。

この5年間、大したニュースがない日でさえ、何らかの形で習近平に絡...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3326文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

習近平帝国の暗号 2035

著者 : 中澤 克二
出版 : 日本経済新聞出版社
価格 : 1,980円 (税込み)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン