VW、不正招いた「傲慢」決別 背水のEVシフト
ビッグBiz解剖・フォルクスワーゲン(上)

2018/7/17 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界最大の車メーカー、独フォルクスワーゲン(VW)がせき立てられるように電気自動車(EV)へのシフトを進めている。2015年に発覚した排ガス不正は自らが強いディーゼル市場を縮小させ、出遅れたEVへの移行を促した。この間にトップが2度交代し、混乱も続く。世界販売が1千万台を超え、トヨタ自動車を上回るVWは背水の改革を迫られている。

旧東独のザクセン州ツウィッカウの主力工場でこの夏、看板車種の「パサ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]