/

この記事は会員限定です

プーチン氏をじらし続ける金正恩氏の事情

国際アジア部次長 田中孝幸

[有料会員限定]

年初から外交活動を活発化させた北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長はこれまでトランプ米大統領と1回、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席と3回、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と2回それぞれ会談した。一方、ロシアのプーチン大統領との会談はロシア側の再三の求めにもかかわらずまだ開かれていない。金正恩氏が国際舞台での存在感も増しているプーチン氏のラブコールに応えようとしないのはなぜなのか。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1583文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン