/

ネット融資仲介maneoに業務改善命令 金融庁

金融庁は17日までに、ネット経由で融資を仲介するソーシャルレンディング最大手、maneoマーケット(東京・千代田)に業務改善命令を出した。金融商品取引法に基づく行政処分で、投資の勧誘時の説明と異なる目的に資金が流用されるなど管理体制に不備があると判断した。

同社はファンド運営業者から依頼を受け、ネット上で投資資金を募集していた。検査の結果、運営業者のグリーンインフラレンディングを介して多額の不正流用がなされるなどの問題が発覚した。金融庁によると、グリーンインフラに仲介した出資者数は昨年末時点で約3000人、貸付残高は約103億円。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン