2018年11月15日(木)

迫るニセ動画量産、米国が払う「自由の代償」

データの世紀
2018/7/19 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「ディープフェイク」という言葉が世界的に注目されている。口の動きや音声を合成し、本物そっくりの偽動画を作り出す新技術の総称だ。政治家や有名人の架空の演説などをインターネットで流すこともでき、民主主義を危機に陥れる悪質なフェイクニュースにつながりかねない。実際に短時間で完成度の高い偽動画を作ることができるのか。日本経済新聞社の研究組織「日経イノベーション・ラボ」の研究員が試してみた。

トランプ大統領

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報