2019年6月20日(木)

与野党、重要法案巡り最終攻防 IRや参院6増 野党は内閣不信任案など検討

2018/7/16 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

延長国会の会期末が22日に迫り、重要法案を巡る与野党の攻防が最終局面を迎える。与党はカジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案、参院定数を6増やす公職選挙法改正案の成立を最優先にする。野党は内閣不信任決議案などの提出を視野に徹底抗戦する構えだ。

IR実施法案は17日の参院内閣委員会に安倍晋三首相が出席して質疑を実施する。同法案は「重要広範議案」に分類され、1回は首相が委員会審議に出席する慣例だ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報