2019年7月24日(水)

日本サッカー世界への挑戦

フォローする

W杯上位進出に欠かせない「チームスピリット」
サッカージャーナリスト 大住良之

(1/2ページ)
2018/7/17 6:30
保存
共有
印刷
その他

決勝前半の得点はいずれもセットプレーからだった

決勝前半の得点はいずれもセットプレーからだった

フランスの2回目の優勝で幕を閉じたサッカーのワールドカップ・ロシア大会。64試合、1カ月間の戦いでどんなものが見えてきたのか――。

決勝を前にした7月12日、大会を技術面から分析している国際サッカー連盟(FIFA)のテクニカルスタディーグループが記者会見を開いた。そのなかで、出席者の一人、アンディ・ロックスバーグ氏(スコットランド)が興味深い話をした。

5割超えたセットプレーからの得点

ワールドカップに勝るとも劣らないハイレベルの大会である欧州チャンピオンズリーグでは、CKから得点が生まれるのは45本でようやく1点という割合に対し、今大会では30本に1点の割合だったというのだ。そして今大会出場の32チームのうち15チームがCK、FK、PKなど「セットプレー」からの得点が全得点の50%を上回り、イングランドに至っては全12得点の75%に当たる9得点がセットプレーだった。

「短時間の練習でコンビネーションを磨くことはできない。大会準備は守備の組織づくりとセットプレーに時間が割かれる傾向がある」と、ロックスバーグ氏は語る。

フランスとクロアチアの決勝も、まさにそうした試合だった。前半の3得点はいずれもセットプレー。フランスがFKから相手のオウンゴールを誘い出し、クロアチアもFKから同点に追いついた。そしてフランスの2点目は、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってPKが与えられたものだった。

弱小国が守備を固めて優勝候補の国を苦しめるというパターンも、この大会の前半に頻繁に見られた。それもこの大会の傾向であると、ロックスバーグ氏は話した。

ベルギーは今大会で最も「サッカーをつくる」ことのできるチームだった=沢井慎也撮影

ベルギーは今大会で最も「サッカーをつくる」ことのできるチームだった=沢井慎也撮影

だが、これらの特徴はあくまで「傾向」であり、もちろん例外も存在した。その最高の例が3位になったベルギーだ。

ベルギーは攻撃陣に多彩なタレントを持ち、特にFWルカク、E・アザール、MFデブルイネの3人は傑出した才能の持ち主だった。しかしベルギーの攻撃はこの3人による局面の打開に頼るわけではなく、どのポジションの選手も効果的に攻撃に加わっていく。準決勝ではフランスの守備力に屈したが、間違いなく今大会で最も「サッカーをつくる」ことのできるチームだった。

その秘密は判断の速さにある。ベルギーの選手たちは自分のテクニックを駆使しながら、次々とより相手にダメージを与える選手にボールをつないでいく。速い判断で効果的につないでいくから、攻撃にスピードが出る。またボールを持っていないときの動きの判断も速いから、相手が止めようのないところにパスが出てくる。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

注目のチーム・選手

電子版トップスポーツトップ

日本サッカー世界への挑戦 一覧

フォローする
7月7日のG大阪戦の後半、ディエゴオリベイラのゴールをアシストし、高萩(左)と抱き合って喜ぶFC東京・永井。眠っていた才能が覚醒したようだ=共同共同

 Jリーグは「折り返し」を過ぎ、7月7日までに全34節中の18節を消化した。FC東京が12勝3分け3敗、総得点28、総失点13、勝ち点39というすばらしい成績で、2位横浜F・マリノス(勝ち点33)以下 …続き (7/11)

南米選手権のエクアドル戦でパスを出す久保建。フル代表でも堂々たるプレーぶりだった=ロイターロイター

 エクアドルに勝ちきることができず、日本代表のコパアメリカ(南米選手権)はグループリーグ敗退で終わった。しかし今大会に参加した若い代表チームは、試合ごとに成長と進化の跡を見せ、最終的には、優勝候補筆頭 …続き (6/27)

エルサルバドル戦の前半、パスを出す冨安。3バックの果敢なプレーが目立った=共同共同

 森保一監督率いる日本代表は、6月5日にトリニダード・トバゴと、そして9日にエルサルバドルと、国内で2つの親善試合をこなし、1勝1分けの結果を残した。
 3月下旬の親善試合から2カ月半、9月上旬に始まる …続き (6/13)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。