日本サッカー世界への挑戦

フォローする

W杯上位進出に欠かせない「チームスピリット」
サッカージャーナリスト 大住良之

(1/2ページ)
2018/7/17 6:30
保存
共有
印刷
その他

決勝前半の得点はいずれもセットプレーからだった

決勝前半の得点はいずれもセットプレーからだった

フランスの2回目の優勝で幕を閉じたサッカーのワールドカップ・ロシア大会。64試合、1カ月間の戦いでどんなものが見えてきたのか――。

決勝を前にした7月12日、大会を技術面から分析している国際サッカー連盟(FIFA)のテクニカルスタディーグループが記者会見を開いた。そのなかで、出席者の一人、アンディ・ロックスバーグ氏(スコットランド)が興味深い話をした。

5割超えたセットプレーからの得点

ワールドカップに勝るとも劣らないハイレベルの大会である欧州チャンピオンズリーグでは、CKから得点が生まれるのは45本でようやく1点という割合に対し、今大会では30本に1点の割合だったというのだ。そして今大会出場の32チームのうち15チームがCK、FK、PKなど「セットプレー」からの得点が全得点の50%を上回り、イングランドに至っては全12得点の75%に当たる9得点がセットプレーだった。

「短時間の練習でコンビネーションを磨くことはできない。大会準備は守備の組織づくりとセットプレーに時間が割かれる傾向がある」と、ロックスバーグ氏は語る。

フランスとクロアチアの決勝も、まさにそうした試合だった。前半の3得点はいずれもセットプレー。フランスがFKから相手のオウンゴールを誘い出し、クロアチアもFKから同点に追いついた。そしてフランスの2点目は、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってPKが与えられたものだった。

弱小国が守備を固めて優勝候補の国を苦しめるというパターンも、この大会の前半に頻繁に見られた。それもこの大会の傾向であると、ロックスバーグ氏は話した。

ベルギーは今大会で最も「サッカーをつくる」ことのできるチームだった=沢井慎也撮影

ベルギーは今大会で最も「サッカーをつくる」ことのできるチームだった=沢井慎也撮影

だが、これらの特徴はあくまで「傾向」であり、もちろん例外も存在した。その最高の例が3位になったベルギーだ。

ベルギーは攻撃陣に多彩なタレントを持ち、特にFWルカク、E・アザール、MFデブルイネの3人は傑出した才能の持ち主だった。しかしベルギーの攻撃はこの3人による局面の打開に頼るわけではなく、どのポジションの選手も効果的に攻撃に加わっていく。準決勝ではフランスの守備力に屈したが、間違いなく今大会で最も「サッカーをつくる」ことのできるチームだった。

その秘密は判断の速さにある。ベルギーの選手たちは自分のテクニックを駆使しながら、次々とより相手にダメージを与える選手にボールをつないでいく。速い判断で効果的につないでいくから、攻撃にスピードが出る。またボールを持っていないときの動きの判断も速いから、相手が止めようのないところにパスが出てくる。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

注目のチーム・選手

電子版トップスポーツトップ

日本サッカー世界への挑戦 一覧

フォローする
タジキスタン戦の後半、ヘディングで先制ゴールを決める南野=共同共同

 ワールドカップ「カタール2022」を目指す日本代表が順調に勝利を重ね、アジア第2次予選勝ち抜きに大きく前進した。

 ホームの埼玉スタジアムでモンゴルを6―0で下した5日後の10月15日、日本代表はアウ …続き (10/17)

終盤戦にさしかかってきたJ1では、優勝を争う鹿島―FC東京戦など熱い戦いが続く=共同共同

 スポーツ界の話題は、日本代表が快進撃を見せるラグビーのワールドカップと、カタールのドーハで開催されている陸上競技の世界選手権に奪われた感じだが、いよいよ最後の2カ月、終盤戦にさしかかってきたJリーグ …続き (10/3)

日本はタジキスタン戦、キルギス戦の「アウェー連戦」が今後のヤマになる=共同共同

 日本のほか、キルギス、タジキスタン、ミャンマー、モンゴルの計5カ国で争われている2022年ワールドカップのアジア2次予選F組。全10節のうち9月5日と10日に2節を終了し、2連勝で勝ち点6のタジキス …続き (9/19)

ハイライト・スポーツ

[PR]