/

満身創痍のペリシッチ 戦う姿勢 最後まで

前半、同点ゴールを決めるクロアチアのペリシッチ=沢井慎也撮影

どれだけ劣勢になろうとも、クロアチアの選手はファイティングポーズを最後まで崩さなかった。そんなファイターの最たるものがペリシッチだっただろう。

プレスの出足が緩まず、しつこく奪い返しにくる。相手にとっては一番嫌なタイプ。そして奪う、蹴るという一つひとつのプレーに跳躍感があるのはビーチバレーの経験のなせる業か。いっときとはいえクロアチアをよみがえらせた前半の同点ゴールにも、はじけるような躍動感があった。味方が相手ゴール前でつないでくれた球を、左に持ち出しすかさずシュート。ややボレー気味で放った弾道は、ゴール右へと一直線に飛んでいった。

準決勝で両足の太もも裏を痛め、満身創痍(そうい)での決勝だったはず。それも攻めの気持ちで克服するかのような奮闘だった。「ベストは尽くした。1失点目はプレゼントのようなものだし、前半は僕らの方がいいプレーをした。クロアチアの歴史で最高のものは残せた」。悔しさとともに、誇らしげに語った。

(モスクワ=岸名章友)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン