2019年9月22日(日)

最新ニュース

フォローする

満身創痍のペリシッチ 戦う姿勢 最後まで

2018/7/16 17:30
保存
共有
印刷
その他

前半、同点ゴールを決めるクロアチアのペリシッチ=沢井慎也撮影

前半、同点ゴールを決めるクロアチアのペリシッチ=沢井慎也撮影

どれだけ劣勢になろうとも、クロアチアの選手はファイティングポーズを最後まで崩さなかった。そんなファイターの最たるものがペリシッチだっただろう。

プレスの出足が緩まず、しつこく奪い返しにくる。相手にとっては一番嫌なタイプ。そして奪う、蹴るという一つひとつのプレーに跳躍感があるのはビーチバレーの経験のなせる業か。いっときとはいえクロアチアをよみがえらせた前半の同点ゴールにも、はじけるような躍動感があった。味方が相手ゴール前でつないでくれた球を、左に持ち出しすかさずシュート。ややボレー気味で放った弾道は、ゴール右へと一直線に飛んでいった。

準決勝で両足の太もも裏を痛め、満身創痍(そうい)での決勝だったはず。それも攻めの気持ちで克服するかのような奮闘だった。「ベストは尽くした。1失点目はプレゼントのようなものだし、前半は僕らの方がいいプレーをした。クロアチアの歴史で最高のものは残せた」。悔しさとともに、誇らしげに語った。

(モスクワ=岸名章友)

最新ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

注目のチーム・選手

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

最新ニュース 一覧

フォローする
サッカー日本代表コーチで、東京五輪男子代表監督の森保一氏=共同共同

 日本サッカー協会は20日、次期日本代表監督を議論・推挙する技術委員会を開き、関塚隆・技術委員長に選任を一任した。東京五輪男子代表監督の森保一氏(49)が最有力候補で、26日の理事会での承認を経て正式 …続き (2018/7/20)

 日本サッカー協会は20日に東京都内で技術委員会を開き、東京五輪男子代表の森保一監督(49)が最有力候補となっている次期日本代表監督などについて議論する。委員会を経て、年齢制限のない日本代表と原則23 …続き (2018/7/19)

優勝を果たし、喜ぶエムバペ(左端)らフランスの選手=三村幸作撮影

 ロシアで開かれたワールドカップ(W杯)は、サッカーにまつわる様々な常識が揺さぶられ続けた32日間だった。
 優勝したフランスのデシャン監督も「このようなW杯は記憶にない」と話した。「タフでインテンシテ …続き (2018/7/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。