「欧州銀、再編必要に」 イタリア最大手銀CEO
19年までのリストラ終了を強調

2018/7/15 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ミラノ=小滝麻理子】イタリア最大手銀行ウニクレディトのジャンピエール・ムスティエ最高経営責任者(CEO)は日本経済新聞の取材に応じ、不良債権処理を加速し、2021年までに全額を売却する方針を明らかにした。そのうえで「欧州全域にまたがる、より巨大な銀行が必要だ」と述べ、米国の大手銀と対抗するために再編が必要と指摘。M&A(合併・買収)などを検討し、攻めの経営に転じる考えを示した。

イタリアは欧州…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]